Home » 未分類 » 日本の文化、和菓子の歴史を探ってみませんか

日本の文化、和菓子の歴史を探ってみませんか

ルーツは弥生時代、和菓子の歴史はとっても古い

和菓子のルーツは弥生時代までさかのぼります。昔は菓子は果子と表記され、果は果物を、子は果物等の種を表していました。主食とは違う、甘味のある嗜好品として重宝されていたようです。平安時代には菓子は朝鮮への献上品となり、水菓子と呼ばれる加工されずにそのまま食べれる季節の果物と、干菓子と呼ばれる加工して保存できるものに分けられるようになりました。当時の水菓子として代表的なものはマクワウリやアケビ、いちご、干菓子として代表的なものは栗やナツメでした。お菓子は古くから愛されていたんですね。

遣唐使の影響を受け、飛躍した菓子技術

飛鳥時代には、遣唐使の派遣により菓子の技術がもたらされます。米、麦、大豆、小豆等をこねたり油で揚げたりするようになり、後の和菓子に大きな影響を与えることになります。室町時代になると、菓子は茶の湯の文化が広がった影響をうけ、茶に添えられる物となっていきます。「ふのやき」と呼ばれる小麦粉を丸めたものに味噌を塗って焼いたものや、海苔、饅頭等が当時の主な菓子でした。また、この時代に羊羹が作られます。ただ、当時は今のような羊羹ではありませんでした。羊羹はもともと昔の中国で食べられていた点心の1つで、羊の肉がはいった汁物のことでしたが、これに似せて麦や小豆の粉などを練っていれたものが、当時の日本の羊羹と呼ばれるものだったのです。お菓子もいろいろな原型を持ち、いろいろな文化を受けて発展をしていくのが分かりますね。

南蛮文化の影響で砂糖を使うように

室町後期から江戸初期にかけて、和菓子は南蛮文化の影響を受けます。カステラ、金平糖等の砂糖を使った菓子が日本に伝来したことを受け、今までは素材の自然な風味や甘さに頼っていた菓子に、砂糖を使うという技術がもたらされたのです。菓子は甘さを楽しむものとして発展していくことになります。その後、茶道の世界で見た目にこだわる繊細な京菓子が作られるようになり、地方では参勤交代の献上品として、様々な菓子が作られるようになります。また、庶民に饅頭やあんこ餅等のお菓子が普及したのもこの頃からです。明治以降には西洋器具の伝来により、さらに菓子の技術が発達します。オーブンの伝来により、栗饅頭やカステラ饅頭などの焼き菓子が作られるようになりました。大正時代になると、ケーキ等の西洋菓子の輸入に伴い、国内の菓子を和菓子と呼ぶようになったのです。一重に和菓子といっても、その歴史は古く、また日本の歴史と共に発展してきた貴重な文化遺産であることがわかりますよね。

ずんだ餅は枝豆を原料に用いていることから、一般的な餅菓子よりも傷みやすい特徴があります。家庭で保管する際は温度や湿度の影響を受けないように冷暗所に置くことが美味しく食べるための心得です。

最近のコメント